バルクオムの化粧水

バルクオムの化粧水

洗顔後のお肌は、急激に潤いを失っていきます。すぐに化粧水で保湿をしましょう。
使い方は、次のたったの3ステップです。

 

  1. 手のひらに500円玉サイズの化粧水をとる。
  2. 両手で軽くなじませてあたためる。
  3. 肌を傷つけないようにやさしくパッティング(お肌の表面を優しく叩く)する。

 

 

厳選された原材料の一部を紹介します。

 

りんご果実培養細胞エキス

お肌のターンオーバーを助ける奇跡のりんごです。収穫後約4ヶ月たっても腐らない奇跡のりんご「ウトピラー・スパトウラパー」の幹細胞を培養したエキスです。この品種は、食用に適さず、市場から姿を消していたので、現在ではスイスに約20本しか現存していない希少なりんごです。皮膚幹細胞が新しい細胞を生み出す作用をサポートし、ターンオーバーを促進する効果があります。

 

玉造温泉の美肌の湯

玉造温泉の美肌効果を記す文献は古く、西暦733年の「出雲風土記」にも記してあります。‘一度洗えば肌はしっとりとなめらかになり、二度入ればどんな怪我や皮膚病も治ってしまう’、‘ひとたび濯げば形容端正しく、再び浴すれば万の病ことごとに除ける’と記されています。近年では、玉造温泉の「硫黄塩泉」という泉質が科学的に研究されて、お肌にハリと潤いをたっぷりと与えてくれるその性質が明らかになりました。

 

ユズ果実エキス

収れん、潤い、保湿と万能なユズ果実。ユズからエタノール溶液により抽出したエキスは、精油成分、有機酸などをたくさん含んでいます。収れん効果、保湿効果があり、お肌のキメを調え、潤いを与える役割があります。

 

 

ここで、BULK HOMME To Tonerをもっと効果的に使うためのチェックポイントをQ&A方式でご紹介します。

 

化粧水はどのくらいの量をつければ良いのか?

基本的には、顔全体に均一に伸びる程度の量で十分です。目安としては、500円玉大です。ただし特定の乾燥しやすい部分があれば、そこだけ二度づけするなどの工夫が効果的です。

洗顔したあと、すぐに化粧水をつけるべきか?

厳密な基準はないですが、洗顔または入浴後は急速にお肌は乾きます。お肌が乾いてしまう15分以内を目安に化粧水をつけましょう。

化粧水を塗るときはコットンを使うべきか?

コットンを使った方がお肌に化粧水を均一に塗りやすいという利点があります。しかし、強く拭き取るように使ってしまうと摩擦でお肌へダメージを与えてしまうリスクがあります。
手のひらに化粧水を適量広げ、パッティング(お肌の表面を優しく叩く)するか、コットンを使用する際はこすらないように注意しましょう。